メラトニンが最終的な身長を左右する!?

身長を伸ばす為に必要な成長ホルモンの他にメラトニンというホルモンが重要な役割をしている事を知っていますか?

メラトニンとは、暗くなると分泌されるホルモンのこと。1日の体のリズムを整える事ができるホルモンで「成熟を抑えるホルモン」とも言われています。

でもメラトニンが何故身長に関係しているのか、不思議ですよね。
それは、メラトニンが「思春期」と大きな関わりを持つからなんです。

一般的に、思春期が遅く訪れる子どもの方が最終的な身長は高くなる、と言われています。なので、メラトニンをしっかりと分泌させ思春期を遅らせることが出来れば、それだけ背が伸びる可能性が高くなるということ。

ではメラトニンはどうすれば分泌されやすくなるのか。
メラトニンは暗くなると分泌されるものなので明るい状態だと分泌が抑制されてしまいます。
夜寝る際は明々と電気をつけっぱなしにはせず、電気を消して暗い状態を保つこと。そして、寝る前に視神経を刺激するような事をしないこと、です。

ゲームやスマホで視神経を刺激してしまうとメラトニンの分泌は妨げられます。
夜寝る前は出来るだけテレビも見ないようにして、静かに落ち着いて睡眠に入れるようにしましょう。

成長ホルモンだけでなく、メラトニンにも注目して健康的な生活を送りましょうね♪おすすめサイト⇒http://xn--cckj7c6a8k8bu059e11rc.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です