当日慌てて腕時計を購入して安堵

一年間毎日時間を見付けて勉強をした試験がありました。2年越しに宅建士の資格を取得しに試験会場に行きました。昨年はつわりの真っただ中でしたので、最後の3カ月は全く勉強は出来ない状態でした。
その後、思っていた通り試験には落ちました。独学を辞めて通信の口座を申し込み、出産の入院中の病院でも参考書を開いて勉強していました。試験は産後半年にありました。授乳中もアプリを使用して問題を解き、子供が寝た隙を見付けては勉強しました。

試験当日に時計の電池が止まっている事が発覚しました。電池を替えに行く時間もなく、どうしようか感がえ、自宅の小さな置き時計を持って行こうとしました。受験票をしっかり読むと、時計は腕時計に限るとありました。

困り果てて、ダメ元で100円均一に行くと、そこには腕時計が売っていたのです。安堵して購入し持参しました。昨年の教室には大きな時計もあったので、もしかしたら用意したけど、使用しないかもしれないと思いながらも、念の為に購入しました。

当日、その教室には時計がありませんでした。腕時計を購入しておいて本当に正解だったと思いました。席は窓際でしたので、ふと窓の外を覗くと中庭が見えました。そこにも大きな時計があり、最悪あれを指標にしていただろうな、と思いました。

備えあれば憂いなしです。安心して時間配分をする事が出来ました。よく読まれてるサイト⇒http://xn--senobic-oq1ll66m.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です