56歳の警察運転担当の先生が職業の人は、より繊細な点でこの車を評価しました

“シートベルトのウエスト部分のバンドがやや高くなっている。これは事故の際に少しでも傷防止をすることができる構造なので、いい。ただ背の低いドライバーは、視認性に少し物足りなさを感じる。 ”

それとともに、このように加えました。 “ボードコンピュータのボタンが一目に入ってこない。しかし、全体的にヨーロッパレベルに上がってきているまともなモデルです。”

センターフェイシアを見ると、とてもシンプルになっていますか?直接画面をクリック出来るようになっていて、ボタンが省略されたと思います。ところが、これが運転中に使用するのは容易ではないと試乗者が共通して短所として指摘をしています。 MMIやxDriveなどの高級なマルチメディア機能システムが付くのを望むわけではないが、これは明らかにマイナス要素ではないかと思います。

そして、ナビゲーションに慣れる時間が必要になるだろうし、前の座席か後部座席か分からないが、中央に腕をかけるのが不便だという意見もありました。全体的には快適で、スペースもゆったりしており、インテリアもそんなに悪くない評価をしましたね。高級感や創造的な感じはありませんが、シンプルで実用的な構成が良い評価を受けたように見えます。

欧州では、ガソリンが3つのモデル(124?140馬力)とディーゼル両方のモデル(130?163馬力)が用意されています。ガソリンの馬力の差があまり大きくなく、弁別力が少し落ちて見えますね。それに比べるとディーゼルは馬力の設定が大丈夫です。総合的な評価はこの程度で終わりました。おそらくこの車の詳細な性能評価は、比較テストで公開されるでしょう。

その時、皆さんがもし継続して検討されているなら、その内容も紹介をいたします。まず、この程度の評価であれば無難なスタートではないかと思います。さすがに専門家はどのように見ているか、そして販売はどこまで可能なのか気になりますね。参考サイト:http://harushampoo.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です