オーダーシャツの採寸時のポイントとは?

オーダーシャツの採寸時のポイントとは?
おすすめ!<オーダーシャツ購入ガイド> TOPコンテンツ >オーダーシャツの採寸時のポイントとは?
オーダーシャツの採寸の際のポイントに首回りと袖丈のサイズを知っておくことがあります。店舗にワイシャツを買いに行ったことがある人はご存知だと思いますが、シャツを選ぶ際に店員から首回りのサイズについて尋ねられた経験がある人も多いと思います。

これは日本の場合、首回りのサイズを基準としてシャツを選ぶことが主流となっているためなのですが、一般的にシャツを選ぶ際には「首元に指一本分ぐらいの余裕があるシャツを選ぶことが良い」とされています。この首元というのは"喉仏の下あたり"が最適なのですが、首回りの採寸を行う店舗によってはこの位置がずれていることがよくあります。

そのため、自分の首回りのサイズを勘違いしている人が少なくありませんので注意が必要です。また、以前購入したシャツを久しぶりに着てみると首回りがきついと感じたことはありませんか?首回りは体重の変化によっても変わってきます。オーダーシャツの作成を依頼する際には、現時点での首回りのサイズを採寸してもらうようにしましょう。

さらに、袖丈のサイズも重要です。袖丈の長さは上着の袖先からシャツが1.5cmぐらいのぞくのが理想的とされていますから、シャツの上着としてスーツやジャケットを着用することが多い方はご自身の袖丈のサイズについても知っておくと良いでしょう。

TOPへ戻る